美容室FCオーナー募集事業

美容室のオーナーになって毎月報酬を得てみませんか?(美容室一口オーナー制度も有)

「美容室オーナー業」の直接話を聞いてみたい方はこちらをクリック

こんな方いませんか?

・事業や収入源を増やしたいと思っている方
・手間がかからない事業や収入源を増やしたいと思っている方
・不動産の大家収入とは違う不労収入を考えている方
・美容室オーナーの肩書が欲しい方
・今の仕事はずっと続けられないと考えている方

弊社の「美容室事業」「美容室1口オーナー制度」の話を聞いてみませんか?
低資本で高収率の「美容室オーナー」業とは一体どんなものか?
なぜ「美容室オーナー」業は低資本高収率が実現できるのか?
運営・管理はすべて弊社で行うのでオーナー様は毎月の口座への入金を確認するだけ
仮想の投資や事業ではなく、現実にある実店舗の「美容室オーナー」になります

美容室投資

美容室投資

想像してみてください

もし毎月何もしないで30万円位別収入あるとしたらどうですか?

もし毎月何もしないで100万円位別収入あるとしたらどうですか?

もしその状態が半永久的に続くとしたらどうですか?

事業をしている方なら日々の金策にとらわれず思い切って事業を出来るのではないですか?

家族や友人と旅行へ行ったり、食事に行ったりとプライベートも充実しませんか?

将来のお金の不安もなくなりませんか?

そんな事が出来る話があるとしたら一度聞いてみたいとは思いませんか?

「美容室オーナー業」の直接話を聞いてみたい方はこちらをクリック

実際、美容室って利益出るの?

皆さまの住んでいる地域や仕事で行く地域や通勤で使う道、「美容室」を見かけたことありますか?

恐らくですが、「どこ行っても美容室多いよね?」

という感想ではないでしょうか?

日本のコンビニエンスストアーの数は約50000軒もあり
多いといわれている歯科医院は60000軒以上あります。

では美容室は何軒有ると思いますか?

実は約230000軒もあります。

コンビニの4.5倍、歯科医院の4倍弱もあります。

因みに信号機の数が約220000機ですので、日本全国の信号機よりも「美容室」の方が多いのです。

つまりどういうことかと言うと、そこまで多くても「営業していける」業界で有るということです。

なぜそれほど多くの軒数があっても「営業していける」のかというと・・・

皆さんが思っている以上に

「利益が出る」

業界だからです。

一人で営業している店だと1日単価6000円とする場合、お客様が2名ほど来店すれば生活していける業界なのです。

粗利で96%、最終的な経営利益は45%前後が当たり前の業界なので、普通にお客さまさえ来店することができれば利益が上がって当然なのです。

ですのでどこの町でも新しく開店する店があるとおもったら「また美容室か」とおもった経験もあると思います。

もちろん閉店している店もありますが、それよりも圧倒的に新規開店する店が多いのが現状です。

 

「美容室オーナー業」の直接話を聞いてみたい方はこちらをクリック

美容室がそこまで多いと競争が大変ではないのか?

確かに単純に230000軒という数だけみると多いので大変だと思います。

ただ、私達が出店していくのは

「白髪染め」をメインにしたいわゆる「大人のおしゃれサロン」です。

日本の人口の多くを占める世代に的を絞った店舗展開をしています。

これだけたくさんの美容室が多いのに現実に客層の的を絞った美容室と言うのはまだまだ少なく、特に「白髪染め」をメインに開業する美容師さんはかなりのレアです(笑)

過去の弊社の実績やこれからのマーケットを考えた店舗展開は美容室というものを職人さんの「家業」ではなく「事業」へと展開ができると考え、「美容室オーナー」への利益分配をするにあたってとても理にかなた方法と思っております。

店舗の運営やスタッフの管理・教育など「美容業界」はまだまだ一般業界と違い「事業」と呼べるものではなく、スタッフや安定経営という部分では課題があります。

元々利益率の高い業界できちんとした「事業」としての運営ができるならこれほど「事業投資」として投資効率の良い業界はないと思っております。

弊社に強みは、計10店舗の美容室運営にかかわり、自身の経営する店舗でも3名の独立者を育て、店舗平均スタッフ数が10名の店舗を10年以上経営して来た経験と、営業サポートとして数十店舗にもかかわり色々なバリエーションで店舗経営やスタッフ教育をしてきたというところと。
弊社自体が美容メーカー・美容ディーラーを営んでいるため、美容室にかかるコストを低く抑える術を知り尽くしているということ。

さらに士業・マーケティング業など多くのブレーンにより外部のサポートも充実してしっかりと利益を出せる体制を整えていることです。

 

「美容室オーナー業」の直接話を聞いてみたい方はこちらをクリック

美容室を開始するのには数千万かかるって聞いたけど。。

弊社は長年の経験や、弊社自体が薬剤関係や内装関係を独自ルートで行える為、新車1台分の金額で店舗初期費用をまかなえます。

具体的に言うと500~600万で物件取得費用・内装外装・仕入・宣伝・初期運営費等をまかなえます。

目安の利益で言うと、180万円の月売上に対しオーナー様の手元に22万円位が入る計算です。(収入を約束するものではありません)

一口オーナー制度を利用する方はここで購入口数を割る感じで毎月口座に入金されます。

低資本で高収率の事業投資として目安の数字は面談の時にお話しさせていただきます。

こちらは銀行員経験者の者に精査していただいてものでそのまま「事業計画書」としても使えるものです。

 

「美容室オーナー業」の直接話を聞いてみたい方はこちらをクリック

なぜこの「美容室オーナー」業をする人を募集するのか?

まず弊社では100人のオーナー様を創出することを目標としています。

特に40代半ばより御年輩の方や、独身の方に。

実際に「資産運用」という言葉が昨今良く聞かれると思います。

60歳になってから亡くなるまでに6000万円必要とか、年金をもらえる年齢や金額が減っていくんじゃないかとか。。

お金の不安は誰にでもあると思います。

若い時なら貯金や保険や不動産投資など長期でリスクはあるがまだ危険性が低い「資産運用」の術は多いと思います。

しかし、それら長期の「資産運用」をするに時間がない方、見返りが少ない方、いると思います。

貯金や不動産投資などまさに25~30年くらい行ってやっと運用益が出るものが多いと思います。

そこで昨今流行っている「資産運用」が「仮想通貨」や「株」や「FX」などです。

資金さえあればすぐに出来たり、短期で50倍になったり、と短期投資は年齢に関係なくできます。

しかし、実はこの短期投資、実は1年で1兆円以上の損失があるといわれているのです。

特に仮想通貨などは、一気に50倍に上がったと思ったら急降下してしまったりとニュースでもにぎわしているほど。

さらに「株」や「FX」などは勝ち負けがあるギャンブル的要素も否定できないものも多くあり、専門知識を以てしてもうまく運用できない例もあります。

長期の資産運用をする時間もない、しかし多少は資産がある。短期の投資位しか運用しようがない。

そんな方にこの「美容室オーナー」業という「事業投資」はぴったりではないのかと思っております。

浮いている資産を運用する。もしくはローンなどを用いて運用してみる。

回収するまでそこまで年数が必要とせず、つぶれない限りはずっと毎月入金がある。

リスクがあるのは長期運用のものも短期運用のものもあると思います。

どこでバランスを取るか。

そして運用するものが「美容室」という実店舗である以上資金が「何に使われているか?」明確という他の資産運用にはない安心と楽しみ。

将来の資産をどうやって守るのか?

その一つの方法として一度詳しい話を聞いてみるのもいいと思います。

まずは、「美容室オーナー業」もしくは「美容室1口オーナー」の詳しい話を聞いてみてください!

 

「美容室オーナー業」の直接話を聞いてみたい方はこちらをクリック

 

 

 

問い合わせはこちらより

(基本的には24時間以内に返信させていただいておりますが、48時間経っても返信がない場合は≪迷惑メール≫のフォルダに入っている場合もございます。そちらをご確認下さい。場合に追っては折り返しのお電話をする場合もございます)